チームの思いを背負い、アンカー殿地が競り合った3校をラストスパートで振り切った。往路優勝を逃した国学院大だが、もう一つの目標だった総合3位は達成。歴代最高を更新し、スローガンに掲げた「歴史を変える挑戦」を終えた。

 5位でたすきを受けた殿地が追い上げ、4校による3位争いに持ち込んだ。昨年は1年生にして8区を任されたが、その後は練習をしすぎて不調に陥った。あふれる意欲を大一番で結果につなげ、拳を握りしめてゴールテープを切った。涙で出迎えた主将の土方は「もう3位じゃなくていいやって思えるくらい、素晴らしい走りだった」と後輩をたたえた。

 5区で力を示した浦野ら主力が...    
<記事全文を読む>