創価大に初のシード権をもたらしたのは10区の嶋津(2年)だった。11位でたすきを受け取ると、必死に前を追った。13年ぶりに区間記録を更新する1時間8分40秒をマーク。チームを9位に押し上げた。「シード権獲得のために自分は10区を走った。前へ前へ走っていったら、区間記録がたまたま出た」と笑顔を浮かべた。

 生まれつきの目の病気「網膜色素変性症」で暗いところでは見えづらくなる。明るいところでしか練習ができず、中学、高校時代は夕方になると廊下を走る毎日だった。

 チームメートで同学年の永井も同じ病気を抱えている。冬の朝や夕方の練習はグラウンドに電気をともし、一緒に走る...    
<記事全文を読む>