第96回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、青学大が5時間21分16秒の新記録で3年ぶり4度目の往路優勝を果たした。
 静岡県勢は東京国際大2区の伊藤達彦(浜松商高出)が区間2位の力走で5人抜き。早大の太田智樹(浜松日体高出)も2区6位で順位を四つ上げた。日体大1区の池田耀平(島田高出)は区間3位と好走。当日エントリーした帝京大1区の小野寺悠(加藤学園高出)と1年ながら箱根路を経験した法大4区の河田太一平(韮山高出)はそれぞれ区間8位。 <記事全文を読む>