バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は29日、千葉ポートアリーナなどで9試合を行い、千葉はSR渋谷に91-83で勝利し、東地区3位に浮上した。原の3点シュートなどで接戦を制し、8連勝で通算成績は23勝10敗とした。会場では試合前に米プロバスケットボールNBAの元スター選手コービー・ブライアント氏の事故死を受けて、24秒間黙とうした。

 千葉の次戦は31日、西地区最下位の島根と松江市総合体育館で対戦する。

▽Bリーグ1部(千葉ポートアリーナ、6208人)

千葉   91 19-18 83   SR渋谷
(23勝10敗)21-17  (22...    
<記事全文を読む>