プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区2位)は29日、大阪府のサンエイワーク住吉スポーツセンターで大阪エヴェッサ(同1位)と首位攻防戦(今季第32戦)を行い、66―72で惜敗した。通算成績は21勝11敗で西地区2位のまま。次戦は2月1、2の両日、東京都の青山学院記念館でサンロッカーズ渋谷とアウェー2連戦を行う。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>