プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは今季の全60試合中31試合を消化し、レギュラーシーズンを折り返した。昨年11月に大黒柱のジョシュ・スコットがけがの手術のため退団し、12月にはヘッドコーチ(HC)が電撃交代。そして、コンディション不良で1カ月以上続く田代直希主将の長期離脱。

...    
<記事全文を読む>