バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区首位の広島が、残り24試合で組織的守備の精度向上に力を入れる。昇格プレーオフ進出へ着実に前進する中、堀田監督は「(課題は)守備。状況ごとにどう守るか、しっかり決める。残り10試合で完璧な状態にしたい」と見据える。

...    
<記事全文を読む>