米ロサンゼルス近郊で、ヘリコプターによる事故死が報じられた米プロバスケットボールNBAの元スター選手コービー・ブライアント氏(41)。関係者によると、名前の「Kobe(コービー)」は、元NBA選手で、旧bjリーグなどで監督も務めた父親のジョー・ブライアント氏が大好物だった神戸ビーフにちなんで名付けられたという。その縁で、阪神・淡路大震災から3年後の1998年8月に神戸市役所を訪問。当時の笹山幸俊市長に、「福祉に使ってほしい」と、チャリティー行事で集めた約48万円を手渡した。

 2001~11年には、著名人に神戸を世界にアピールしてもらう「神戸大使」に就任。「神戸を励ますこと...    
<記事全文を読む>