今季最多の5791人の観客の前で惨敗した。4季目のBリーグでチームとして2番目に多い107失点。37点差の敗戦は今季ワーストタイで「最低のゲームをしてしまった」と、試合後の記者会見で内海ヘッドコーチ(HC)はうつむいた。前日に橋本が「開幕当初の気持ちを思い出せた」と話すなど、つかみかけた堅守の手応えやチームの熱さが早くも消沈した。

 レバンガが追求する堅守を相手に見せつけられた。選手層が厚いSR渋谷は、ベンチ入りの11人をまんべんなく出場させた。レバンガはしつこい守備に苦しめられ、ミスからボールを失うターンオーバーは16にのぼった。

 SR渋谷のアシストは36で...    
<記事全文を読む>