バスケットボール男子Bリーグ1部は26日、8試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は70―107で同地区3位のSR渋谷に大敗し、8連敗。レバンガとしてはBリーグ発足以来2番目に多い失点。通算成績は11勝21敗で順位は変わらない。

 レバンガは第1クオーターから12連続失点するなど劣勢で、第3クオーターもSR渋谷の関野(東海大四高出)に3点シュートを3本許すなど、連続で14点を失った。第4クオーターには一時44点差をつけられた。

 次戦は29日午後7時5分から秋田県立体育館で秋田と対戦する。

...    
<記事全文を読む>