バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は22日、各地で9試合を行った。第18節、東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは秋田市の県立体育館で同首位の宇都宮と対戦。66―64で接戦を制し連敗を7で止めた。通算13勝16敗で順位は変わらない。MVPは17得点、10リバウンドでダブルダブルの活躍をしたカーター、最も印象的な活躍をした選手が対象のMIPには力強いプレーで勝利に貢献したウィリアムスが選ばれた。次節は25、26両日に新潟県長岡市のアオーレ長岡で中地区4位の新潟と戦う。

 秋田は、最後までしぶとい守備で宇都宮に思うようにシュートを打たせず、ロースコアに抑えた。 <記事全文を読む>