オールスター戦を挟み、B1は後半戦に入る。レバンガはリーグ戦全60試合のうち31試合を残し、通算成績は11勝18敗。後半戦は千葉戦を皮切りに強豪ひしめく東地区チームとの対戦が中心になる。折茂は「簡単な戦いではないが、乗り越えられるように準備したい」と意気込んだ。

 レバンガは5日に滋賀に敗れて4連敗を喫し、チームには重い空気が漂った。それを払拭(ふっしょく)しようと開いたのが、アウェーA東京戦を翌日に控えた14日のチームミーティングだった。そこでは日本人と外国籍選手のコミュニケーション不足や試合中のミスやジャッジに対する不満の解消について話し合い、「食事をするなどして話し合...    
<記事全文を読む>