BCリーグの信濃グランセローズは19日、長野市内の球団事務所で今季の選手契約とオリエンテーションを行った。柳沢裕一監督や選手が今季の抱負を語り、2季連続の地区優勝、初の独立リーグ日本一に向けて気持ちを高めた。

 新加入6人を含めた計20選手のほか、練習生2人と契約。2季目の柳沢監督は「(昨年10月の台風19号で)被災した人に勇気を与えられるようにしよう」と選手に呼び掛け、技術面では野手に犠打、投手には制球力の向上を求めた。新主将に就任した松井聖捕手は「勝利にこだわったチームにしていく」と宣言した。

 リーグの開幕予定日は4月11日。チームは2...    
<記事全文を読む>