試合開始11秒、今季限りでの引退を表明している折茂の右からのジャンプシュートでオールスターは幕を開けた。これが最後の祭典。「うれしい気持ち、悲しい気持ちが入り交じる」と複雑な気持ちをのぞかせつつも、全身で歓声を浴びてバスケットボールを楽しんだ。

 B・WHITEの富樫(千葉)とじゃれ合うようにマッチアップするなど、リーグ戦とはまた違う顔。代名詞の3点シュートを決めると、客席からひときわ大きな拍手がわき起こった。富樫は「1本目はまさに折茂武彦。最初の得点を決めるのは普通の49歳じゃない」と敬意を示した。

 試合前の3点シュートコンテストは、リーグ屈指のスコアラー金...    
<記事全文を読む>