バスケットボール男子のB2は17日、松山市総合コミュニティセンターなどで第18節の3試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区3位の愛媛に85―72で勝った。信州は3連勝で、通算成績を27勝6敗とした。
 信州は第1クオーター(Q)、3点シュートの精度を欠き、19―20とリードされた。第2Qは序盤の9連続得点で勢いに乗り、42―38と逆転。第3Qは7回のターンオーバー(ミス)で攻撃を組み立てられずに再びリードを許したが、第4Qに西山の10得点など計29得点で試合をひっくり返した。
 信州は18日午後2時から、同会場で再び愛媛と対戦する。

...    
<記事全文を読む>