バスケットボールBリーグの大河正明チェアマンが15日、札幌市内のホテルで行われた道新ビジネスカンファレンスで講演した。大河氏はリーグの将来像として、B1、B2をそれぞれ現在より6チーム多い24クラブに拡大し、「野球、サッカーの試合が減る冬場に、バスケットボールが中核になって日本を元気にしたい」と述べた。

 レバンガ北海道と北海道新聞が主催し、70人が参加。講演に続き、レバンガの横田陽最高経営責任者(CEO)とBリーグの古川宏一郎代表理事最高執行責任者(COO)が対談した。(石川仁美)

...    
<記事全文を読む>