バスケットボールB1第17節は15日、各地で9試合を行い、東地区首位の宇都宮ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区3位のSR渋谷と対戦、84-88で競り負けた。通算成績は23勝6敗で順位は同地区首位をキープした。

 ブレックスは第1クオーター(Q)にジェフ・ギブスの連続得点などで先行。6分には新加入の特別指定選手、テーブス海(かい)がデビューを飾り、山崎稜(やまざきりょう)の3点シュートをアシストするなど28-17で終えた。第2Qは一時勝ち越しを許したが、喜多川修平(きたがわしゅうへい)らの3点シュートなどで再逆転。45-40で折り返した。

<...    
<記事全文を読む>