バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド最終日は12日、さいたまスーパーアリーナで行われ、Bリーグ勢による男子決勝は川崎がSR渋谷に73-78で競り負け、6大会ぶりの優勝はならなかった。SR渋谷は前身の日立東京が優勝した第90回以来、5大会ぶり2度目の制覇を果たした。

 SR渋谷は序盤からベンドラメを中心に攻撃し、59─55で第3クオーターを終了。最終クオーターに一時リードを許したが、山内の3点シュートで逆転し、逃げ切った。

 Wリーグ勢による女子決勝はJX─ENEOSがデンソーに83─53で快勝し、史上...    
<記事全文を読む>