バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド第3日は11日、さいたまスーパーアリーナで男女の準決勝が行われ、12日の決勝は男子がSR渋谷と川崎、女子はJX─ENEOSとデンソーの顔合わせに決まった。

 前身の東芝神奈川が2014年に頂点に立って以来の優勝を狙う川崎は宇都宮を82─61で下した。男子で前身の日立東京が15年に優勝して以来の制覇を目指すSR渋谷は96─69で滋賀に快勝した。

 女子は7連覇が懸かるJX─ENEOSがトヨタ自動車を82─48で退け、初優勝を目指すデンソーは三菱電機を75─61で振り切...    
<記事全文を読む>