バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権大会(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)ファイナルラウンドは9日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕し、男子の準々決勝4試合を行った。B1宇都宮ブレックスは74-65でB1富山に競り勝ち、2年連続の準決勝進出を決めた。

 ブレックスは第1クオーター(Q)、ライアン・ロシターが7得点を挙げる活躍を見せたものの、相手ビッグマンにスコアリングを許し19-22と先行された。続く第2Qは渡辺裕規(わたなべひろのり)や比江島慎(ひえじままこと)のゴールなどで勝ち越しに成功。34-33で折り返した。

<...    
<記事全文を読む>