B1の新潟アルビレックスBBに、白鷗大4年の星野曹樹(22)が特別指定選手として加入することが7日、分かった。近く正式発表される見通し。

 星野は魚沼市出身で、帝京長岡高卒、195センチ。昨年7月に台北で行われた国際大会ウィリアム・ジョーンズカップに参加する日本代表に選出され、シューティングガードとして同大会に出場した。

 白鷗大は昨年12月の全日本大学選手権で4位になった。星野は5試合に出場し、計40得点、30リバウンドを挙げるなどしてチームに貢献した。

...    
<記事全文を読む>