バスケットボールの男子Bリーグ2部(B2)は5日、西宮市立中央体育館ほかで9試合を行い、中地区2位の西宮は同4位の東京EXを88-77で破り、3連勝した。通算21勝11敗。

 西宮は2点差を追う第2クオーター、道原や谷らで27点を挙げて逆転すると、終盤もリードを保った。試合を通してチームの3点シュート成功率は5割に到達。ミスから攻撃権を失うターンオーバーも少なく、手堅かった。

...    
<記事全文を読む>