バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは4、5の両日、上山市の三友エンジニア体育文化センターで奈良(西地区)と対戦する。3日現在、通算成績は6勝24敗で、順位は6チーム中6位。5連敗中で、今年初試合を白星で飾り上昇気流に乗れるか。  山形は3日、山形市内で調整した。奈良は得点源の外国人選手の存在感に加え、オフェンス戦術の自由度が高く攻撃回数も多いことが特徴。山形は堅固なチームディフェンスで相手攻撃をしのぎ、攻撃のいいリズムにつなげたいところだ。  3日には新戦力となるジョルジー・ゴロマンの加入を発表。年明け早々のホーム戦を前に、東島奨ヘッドコーチは「...    
<記事全文を読む>