J1清水は鹿児島ふれあいスポーツランドでJ3鹿児島と今季初の対外試合となる練習試合(45分×3本)を行った。先発メンバーが出場した2本目途中までは2-1。メンバーを替えた後も2-1で勝利した。
 クラモフスキー監督の掲げる速くて攻撃的なスタイルの構築に向け、収穫と課題が出た試合となった。
 指揮官が「良い形ができた」と振り返ったのは2点目。3トップの左に入ったMF滝がサイドを突破して素早いクロスを上げ、中央のFW鄭大世が左足で合わせた。3トップの両ワイドがサイドで起点となり、中央で合わせる攻撃は練習で意識付けていた形だった。
 ただ、1本目では4...    
<記事全文を読む>