広島市中心部の中央公園自由・芝生広場(中区)へのサッカースタジアム建設を巡り、市と広島県、広島商工会議所は30日、中区で3者のトップ会議を開き、基本計画の素案をまとめた。選手との距離が近い観客席を設け、周辺の広場を含めてにぎわい施設を一体的に整備するとしている。概算の総事業費は230億~270億円に膨らんだ。

 スタジアムの収容人数は3万人規模。素案は、観客席は全面を屋根で覆い、臨場感を感じられるようピッチの近くに置く。障害者に配慮した席を設ける方針も掲げた。ラグビーなど他のスポーツやイベントでの活用も想定する。

 試合やイベントのない日の利用を促すため、会議室...    
<記事全文を読む>