J1仙台は宮崎県延岡市での2次キャンプ第2日の30日、西階陸上競技場で練習を再開。午前、午後の計約2時間半、ミニゲームなどで攻守の連動を確認し、オフ明けの体を動かした。別メニューで調整を続けていたMFクエンカ、DF平岡が全体練習に合流した。
 クエンカは午前のシュート練習など、平岡は対人プレーを含むほぼ全ての練習に参加。2対2でシュートを打ち合う素早い攻守の切り替えでは意欲的にボールを追い、復調ぶりをうかがわせた。平岡は「自分とチーム戦術のずれをなくすため、もう少しコンディションを上げなくてはいけない」と話した。
 FWのゲデス、長沢、MF富田は不参加、MFの道渕と...    
<記事全文を読む>