サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は30日、キャンプ地の残波岬ボールパーク(沖縄県読谷村)で予定していた中国スーパーリーグ重慶との練習試合を中止した。報道陣の取材に対応した三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)は疲労がたまる選手の状態を最優先に考えて判断したとした上で、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎患者が拡大している影響について「全く関係ないことはない。(中止は)総合的に考えた」と理由を説明した。

 三浦SDはこの日、沖縄に滞在している重慶の社長、監督と協議。練習試合の取りやめについて合意した。

 今季の神戸は22日に神戸市内で始動し...    
<記事全文を読む>