サッカーJ2松本山雅は2次キャンプ第2日の29日、鹿児島市で午前と午後の2部練習をした。午前は筋力トレーニングとターン動作を多く取り入れたフィジカル練習に取り組み、午後はゲーム形式の練習を通して多くの選手が関わりながらボールを動かす連係を磨いた。
 ゲーム形式の練習は、縦の長さを半分にしたコートや、4分の1の大きさに区切ったピッチで10対10や11対11を行った。試行している4バックのシステムでは「多くの選手が関われる距離感でパスのラインをつくりたい」と布監督。ボールを触る回数に上限を設けて素早い判断を求めたり、ボールがないサイドの選手に状況に応じた位置取りを要求したりしてい...    
<記事全文を読む>