サッカー・J1サガン鳥栖は沖縄キャンプ13日目の29日、沖縄県中城村のごさまる陸上競技場でG大阪との練習試合(45分×3本)に臨んだ。1本目は15分までに3得点を挙げて3―2、2本目と3本目が0―0の計3―2で勝利。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「いい形で点は取れたが、攻守ともまだまだ」と手綱を引き締めた。

 J1で昨季7位のG大阪を相手に、1本目はゴールラッシュとなった。先制点は3分、自陣最終ラインからの鋭いカウンターでMF安庸佑(アン・ヨンウ)がゴール。12分にMF原川、その3分後にもMF小屋松が得点を奪った。いずれもセカンドボールを拾い、波状攻撃を仕掛けた...    
<記事全文を読む>