サッカーJ2ファジアーノ岡山の「2020年キックオフ交流会」が29日、岡山市のホテルで開かれ、岡山県内の政財界、競技関係者ら約420人が、悲願のJ1昇格に挑む新シーズン開幕(2月23日)を前に、イレブンを激励した。

 県サッカー協会、岡山商工会議所、ファジアーノ岡山募金推進委員会が開催。ファジアーノの北川真也社長のあいさつに続き、有馬賢二監督やコーチ、選手ら計45人が登壇し、同会議所の松田久会頭が「選手一人一人が人生を懸けて岡山に来てくれている。ピッチで走る選手を誇らしく思い、応援していく」と述べた。大森雅夫岡山市長らも激励し、同委員会の松田正己委員長(山陽新聞社...    
<記事全文を読む>