J2磐田は鹿児島市の白波スタジアムで鹿屋体大と練習試合(30分×5本)を行い、主力級が出場した1、2本目は1-0だった。フベロ監督は「選手たちは疲れがあったが良い試合をした」と合格点を与えた。攻守の連係面でさらに改善を図り、開幕に備える。
 今季のチーム初ゴールはエースへの成長が期待されるFW小川航が決めた。1本目の3分、左サイドを突破したMF藤川からのパスを中央で受け、ワントラップして右足を振り抜き、ゴール左隅に流し込んだ。「(センターバックが寄せる前に)素早く打つ自分の形が出せた」と胸を張った。
 ただ、個人での突破が目立ち、連動した攻撃の形はあまり...    
<記事全文を読む>