明治大から加入したDF森下龍矢(22)は、サイドバックを主戦場にする。前への推進力や闘志あふれるプレーが魅力で、すでにチームのムードメーカーとして、練習を明るい声で盛り上げる。「サポーターに『森下を見ると元気がでるな』と思ってもらえるよう、心に訴えかけるプレーがしたい」と意気込む。

 静岡県出身で、170センチ、65キロ。利き足は右だが、左右の両サイドバックを務めることができる。ジュビロ磐田U―18から明治大に進むと、4年時には全日本大学選手権などを制し、三冠を達成。「優勝できたからこそ見えた景色があった。鳥栖でもJリーグの頂点に絶対立ちたい」とさらなる高みを見据える。 <記事全文を読む>