昨年11月に左膝を手術したJ1川崎の元日本代表MF中村憲剛(39)が、今夏の復帰に向けて着実に前進している。すでにグラウンドでランニングを始めたプロ18年目の大ベテランは「おかげさまで順調。今はジョギングができるだけでもありがたい」と精力的にリハビリに取り組んでいる。

焦らず体と向き合う

 「サッカー人生で初めて」という大けがによる長いリハビリ生活は道半ば。それでも、約3カ月ぶりに麻生グラウンドで汗を流したチーム最年長に悲愴(そう)感はなかった。

...    
<記事全文を読む>