J2水戸は28日、沖縄県糸満市の西崎運動公園陸上競技場でJ1仙台と45分3本のトレーニングマッチを行った。1本目が2-0、2、3本目は0-0の計2-0で10日間の沖縄キャンプを勝利で締めくくった。

攻守で積極的なプレーを見せ、積み上げてき成果を存分に発揮した。試合後の秋葉監督は「選手がキャンプでやってきたことを全て出そうとしてくれた。失敗を恐れず、何度もトライしてくれたことがうれしかった」とうなずいた。

試合開始早々に東洋大から加入した大卒ルーキーのMF松崎がゴール前でのこぼれ球を振り抜き先制。1本目の終了間際にはFW深堀が追加点を挙げた。2、...    
<記事全文を読む>