サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は28日、各地で本大会出場を懸けたプレーオフを行い、2年ぶりの優勝を狙った鹿島はカシマスタジアムでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦し、0-1で敗れた。

今季公式戦初戦の鹿島は前半からボールを握って崩しにかかった。31分は広瀬のクロスにエベラウドが頭で合わせ、38分にはレオシルバが右足シュートを放つも得点には至らなかった。後半は9分に自陣スローインからボールを奪われ、そこから失点。その後は攻勢を強めて決定機をつくったが、ゴールは遠かった。FC東京はセレス・ネグロス(フィリピン)に2-0で快勝し、本大会出場を決めた。<...    
<記事全文を読む>