MF白井の仕上がり具合が順調だ。札幌在籍3年目となり、ペトロビッチ監督の複雑な練習に苦労することもなくなった。「体の調子も良いし、ストレスなくできている。練習もあの頃(1年目)と比べると、考えなくてもできるくらいになった」と表情は明るい。

 両サイドをこなすが、昨季は右ウイングバックでの活躍が目立ち、J1で23試合1得点。2018年の10試合1得点を上回り「飛躍のシーズンとなった」。札幌は左サイドの福森やチャナティップがサイドチェンジし、右サイドで仕掛けることが多く、白井の突破が何度も好機につながった。

...    
<記事全文を読む>