昨年4月の練習試合中に全治8カ月の大けがを負った清水のMF石毛が、レギュラー復帰を目指して精力的に練習に取り組んでいる。「2年分頑張ろうという気持ち」と今季のフル稼働を誓う。
 けがは右膝の前十字靱帯(じんたい)と内側側副靱帯の損傷。昨季序盤はリーグ戦2試合に先発、4試合に途中出場していたが、その後はリハビリに費やすことになった。万全な状態まで回復し、今季は始動日から順調に練習メニューを消化。体の使い方の工夫や筋肉の補強など再受傷しないためのケアにも心を配っている。
 クラモフスキー監督の下、今季のレギュラー争いは横一線。本職は中盤の攻撃的な位置だが、ミニゲームでは...    
<記事全文を読む>