MF広岡睦樹-18歳、信頼される選手に  日本サッカー協会(JFA)の選手養成機関「JFAアカデミー福島」から加入したMF広岡睦樹は、DF半田陸と同じ最年少の18歳。攻撃面を売りとするボランチで、「全員から信頼されるような選手」を目標に掲げる。  「福島」は東日本大震災の影響で現在、静岡県御殿場市を拠点に活動中。狭き門の選考試験に臨み、9期生に選ばれた広岡は「世界基準のエリート養成」を掲げる機関に身を置き、中高一貫の6年間で心身を鍛えた。最終学年で迎えた昨季、世代トップリーグへの昇格はかなわなかったが、「チームを動かすことも含め成長できた」と胸を張る。  幼い頃からJ1・G大阪に所属す...    
<記事全文を読む>