サガン鳥栖に大阪体育大から加入したFW林大地(22)。特別指定選手だった昨季は、第22節・C大阪戦でJリーグデビューを果たし、初ゴールまで奪った逸材だ。「DFが守ってくれているから前までボールが来る。それを決めきるのは僕の責任」。ルーキーイヤーから得点量産を誓う。  大阪府出身で、178センチ、74キロ。地元の履正社高を卒業後、大阪体育大に入学。昨年7月にイタリアで開かれた「ユニバーシアード競技大会」では日本代表に選出され、得点も奪って優勝に貢献した。  大学時代のあだ名はビースト(野獣)。「僕は感情が表に出やすい。ゴールを決めたらすごく喜ぶし、外したときは悔しさをあらわにしてしまう」...    
<記事全文を読む>