サッカーJ3のFC岐阜の選手らが24日、岐阜市伊奈波通の伊奈波神社を訪れ、恒例の必勝祈願を行った。1年でのJ2復帰に向けて気持ちを新たにした。  選手やコーチ陣、クラブスタッフらが出席。神事に臨み、宮田博之社長とゼムノビッチ監督、FC岐阜後援会の岸野吉晃会長が代表して玉串をささげた。  祈願後、大きな絵馬に宮田社長が今季のスローガン「ICHIGAN(一丸)」を記したのに続き、監督、選手らが次々にサインを書き入れた。ゼムノビッチ監督は「一丸になってJ2復帰を目指す、いい心の準備ができた。練習もフィジカルを含めて戦術や守備など順調にできている」と開幕に向けた思いを語った。  リーグ戦は3月...    
<記事全文を読む>