日本フットボールリーグ(JFL)に所属する奈良クラブが23日、田原本町の県フットボールセンターで2020年シーズン開幕に向け始動した。基本練習を中心に約3時間、新加入選手12人のうち11人を含む27選手が心地よい汗を流した。

 初日はボールを使ったウォーミングアップの後、いきなり課題の得点力向上を意識した練習に取り組んだ。相手ディフェンスの背後を取るための動きやサイドを大きく変えるロングボールなどを繰り返し確認。さらに2チームに分かれて最終ラインからゴールを狙う練習を繰り返した。昨季、東京武蔵野シティFCでMFながら10得点をあげた水谷侑暉は「得点はもちろんのこと...    
<記事全文を読む>