沖縄キャンプ中のサッカー・J1サガン鳥栖は23日、新体制発足後初の対外試合となる24日のJ2水戸戦に向け、実戦形式の練習で戦術の浸透を図った。

 練習は午前9時50分から約2時間。ハーフコートによる試合形式のメニューが組み込まれ、金明輝(キン・ミョンヒ)監督が選手たちにプレーの細部までこだわるように指示を飛ばした。時折、選手の奮起を促すような厳しい言葉も発した。練習後には、グラウンドのあちこちで選手同士が意識をすりあわせる姿も目立った。

 対戦する水戸は昨季J2の7位。リーグ2番目に少ない失点数を誇り、攻撃的なサッカーを掲げる金監督のサッカーを試す絶好の機会とな...    
<記事全文を読む>