J1仙台は沖縄県糸満市での1次キャンプ第11日の23日、午前と午後に計約2時間の練習を行った。24日のJ2長崎との練習試合に備え、守備の細かい原則を重点的に落とし込んだ。
 午前は二つのグループに別れて後方から攻撃を組み立てるイメージを共有。セットプレーの攻守も鍛えた。午後は縦に5分割したピッチで守備時のスライドを確認。縦も横もコンパクトなブロックの構築を目指し、木山監督が丁寧に立ち位置を指導した。
 左足の違和感を訴えているMFクエンカとDF浜崎は別メニューで調整。MF中原、DFのパラと照山は大事を取って午後は見学した。
 長崎戦は1次キャンプ2度目の対...    
<記事全文を読む>