フットサルFリーグの年間王者を決める2019~20シーズンプレーオフ決勝は25、26の両日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナである。バサジィ大分(リーグ2位)は名古屋オーシャンズ(同1位)との2連戦に臨み、昨季2年連続11度目のリーグ優勝を果たした常勝軍団を倒し、チーム初の栄冠を目指す。
 大分は準決勝2連戦(18、19日・東京)でフウガドールすみだ(同3位)と対戦。第1戦を3―2で制したが、第2戦は0―2で零封負け。勝ち点と得失点差ともに並んだが、リーグ順位上位の大分が決勝への切符を得た。「相手の勢いに押される時間もあって苦しかった」と白方秀和主将。ただし2戦目の最終盤...    
<記事全文を読む>