J2徳島からサガン鳥栖にやって来たDF内田裕斗(24)。積極的な攻撃参加が光る左サイドバックだ。「チャンスと思ったら、逆サイドやFWの位置にも上がっていく。DFだが、シュートも武器なのでどんどん打っていきたい」。J1に舞台を移しても、果敢なスタイルを貫き通す。

 大阪府出身で171センチ、62キロ。2014年、ガンバ大阪ユースからトップチームに昇格した。15年に徳島に移籍して頭角を現わし、J2計141試合に出場し9得点を挙げた。ビルドアップやポジショニングに優れ、攻撃面での貢献が大きかった。

 その攻撃的なスタイルにほれ込んだ金明輝(キン・ミョンヒ)監督から直接...    
<記事全文を読む>