可能性を信じて五輪世代がアピールを続ける。J1C大阪から期限付き移籍でJ2磐田に加入したDF船木は「五輪までの時間を考えると厳しいかもしれないが、挑戦するために磐田に来た」とまずは新天地で定位置取りを狙う。22日の紅白戦では力強いドリブル突破と精度の高い左足のキックを随所に見せた。
 2017年U―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)日本代表。東京五輪出場へ、周囲の期待は高かったが、昨年6月のトゥーロン国際大会以来、年代別の代表から遠ざかる。「4歳からC大阪の下部組織で育った」と愛着のあるチームから離れることを決断するのに時間はかかったが「小川航のゴールをアシストすること...    
<記事全文を読む>