サッカーJ2松本山雅FCは22日、需要に応じてチケット価格が変わる「ダイナミックプライシング(DP)」を4月のホーム試合で実施すると発表した。昨年6月施行の不正転売禁止法が禁じるチケット転売を防ぐ狙い。昨年12月のJ1最終節で試験導入したところ、定価で販売した時よりもインターネット上での転売が少なかったという。データをさらに蓄積し、本格導入に向けた検討材料にする。

 DPは、人工知能(AI)が対戦相手や天候などを分析して適正価格を算出。売れ行きが好調なら値上げして収入増につなげ、低調なら値下げして集客を図る。人気カードは価格が上がるため転売しても差益を得にくく、買...    
<記事全文を読む>