日本サッカー協会が子どもたちの健全育成のために展開する「JFAこころのプロジェクト」で、Jリーグのジュビロ磐田などで活躍した元サッカー選手の河村崇大さん(40)=島田市出身=が21日、静岡市葵区の市立井宮北小を訪れ、5年生を対象に夢をテーマにした授業を行った。
 河村さんは体験談を交えながら児童と夢について語り合う「トークの時間」で、サッカー選手になった経緯を説明した。足の速さでジュビロ磐田ユースの試験に合格したエピソードを紹介し「今、得意なことを大切にしよう」と児童に語った。夢や目標があるとそれに向かって進んでいきやすいとして「夢中になれることや楽しめることを探してほしい。...    
<記事全文を読む>