守備ラインの背後を突いたり、鋭いターンでマークを外したりと多彩な得点パターンを持つ若きストライカー。攻撃の幅を広げようと、昨季はドリブル突破にも磨きをかけた。「FWは得点でアピールできるポジション。結果にこだわりたい」と決意する。
 G大阪ユース時代から潜在能力の高さは折り紙付き。高校2年の4月にトップチームで公式戦デビューを果たした。2018年まで前田大然らとともに東京五輪世代の年代別日本代表に選ばれていたが、昨季は選外に。「そこに自分がいないのは悔しい。しっかりやらなければ」。その反骨心が、結果を追い求める熱源になっている。
 昨季はG大阪U―23の一員としてJ...    
<記事全文を読む>