サッカー女子なでしこリーグ2部のAC長野パルセイロ・レディースは21日、今季初となる全体練習を須坂市内で行い、新たに就任した佐野監督は「(前任の)本田監督の良い部分を続けながら、話し合って選手がやりやすい環境をつくりたい」と、対話を重視する方針を掲げた。
 高校や大学に在学中の新加入選手が多いため、この日は既存の10人と新加入3人の計13人と約半数の参加にとどまった。2グループに分かれてのランニングなどで体を温め、ドリブルやパス回しなど約1時間半で全体練習を切り上げた。
 昨季はオーストラリアの2部相当リーグでプレーしたGK新井は、「雰囲気がすごく良くて、監督やコー...    
<記事全文を読む>